紫外線対策の方法や服装はどうする?みんなの声!

紫外線が降り注ぐ時期になると、お店の紫外線対策グッズに目が行くことも多いと思いますが、紫外線対策の方法や服装で自分だけで今している対策よりも、みんなに聞いたらより効果的な方法が見つかるということがあります。今回は紫外線対策について方法や服装などヒントをいろいろと実際の声を集めてみたので、ぜひ楽しんで見ていってくださいね!

 

紫外線が気になるか。どんなことが気になるか

  • 気になります。夏は常に日差しが厳しいので毎日気になっていますが、曇りの日の方が紫外線が強い・冬も紫外線が強いなど、インターネットや友人から耳にするので(本当かどうかは定かではありませんが)、気になります。毎日日焼け止めクリームを塗るのも、肌への負担が大きいのではないかと心配です。
  • 私は紫外線を気にしています。外でイベントとか見ていると日焼けするのではないかととても気にしてしまいます。室内にいるときにはよいのですが、一歩でも外に出るとちょっとでも焼けたくないという思いがあります。
  • シミやシワやたるみが気になります。学生の時に外で行うスポーツをしていたんので、特にです。当時は真っ黒に日焼けしていたのでそこまで気にしませんでしたが、今は肌が白いので特にシミやクスミが目立ちます。笑ったときのしわも気になります。
  • 紫外線はとても気になります。将来シミができてしまうというのも気になりますが、一番は紫外線を浴びることによって今肌が黒くなってしまうことが一番気になります。一般的に白い肌のほうがいいとされているし自分も白い肌をキープしたいと思っているので紫外線は気になります。
  • 日焼け止めや帽子、アームカバーなどだけでは 100%、紫外線を防ぎきれていないということです。
    外からカバーするタイプの日焼け対策だけでは、 どうしても「塗り忘れ」であったり「隙間」が発生してしまうので、 外側からだけではなく、内側からも手軽にアプローチできる日焼け対策を、もっと知りたいです。
  • 日焼けをしてしまうと、肌が真っ赤にはれ上がってしまうのと、 シミやそばかすができてしまうからです。

 

この夏、紫外線対策として使っているもの

  • 身体は日焼け止めクリームのみ使用。顔はUVカット機能のついた下地を塗っています。
  • 私は日焼け止めクリームや日焼け止めのスプレーを使って対策しています。
  • 日焼け止め、手袋、つばの広い帽子を使っています。またお風呂の後にはホワイトニングクリームを使用しています。
  • 普段は基礎化粧品の中のSPF成分に頼ったり、帽子はあまりかぶりたくないので、日傘をさしたりしています。
  • 紫外線対策として使っているのは主に日焼け止めクリームやスプレーなどです。
  • 身体は日焼け止めクリームのみ使用。顔はUVカット機能のついた下地を塗っています。
  • 日焼け止めクリーム、アームカバー、日傘、ストール、サングラス

 

上記のように日焼止めクリームや帽子・日傘・サングラスなどの紫外線グッズが人気ですが、もっと楽に日焼け対策をすることができます。それが、日焼け止めサプリです!最近よく耳にするようになった日焼け止めサプリ!なんと飲む日焼け止め対策です。え?日焼け止めを飲むの?と最初は驚くかもしれませんが、安心の日本製で成分は植物や食べ物由来のサプリで抗酸化作用のあるニュートロックスサンという成分を摂取することでメラニンの生成を抑制し、日焼けを防ぐことができるというものです。

今、インスタで大人気!飲む日焼け止めサプリ!の人気商品はこちら!

 

紫外線対策をしている理由

  • 日焼けするのが怖いからです。服の形で変に日焼けするとかっこ悪いので日焼けしたくありません。
  • 将来シミになるのを防ぐためと、今の白い肌をキープするためです。
  • ケアを怠ると、年齢を重ねるにつれダメージが顕著に表れるからです。
  • 将来しみを作りたくないから、ということと、日焼けをして肌を黒くしたくないから。

 

使っている日焼け止めのタイプについて

  • クリームとスプレー
  • ミルク状というか日焼け止め液のようなタイプとスプレータイプ
  • べたつかない、ウォータープルーフタイプのクリームです。
  • クリーム。以前スプレータイプを使用していましたが、本当に効果があるのか疑ってしまうから。
  • クリームタイプ

 

日焼け止めを使用する際に、嫌なこと、困ること(エピソード)

  • 服についてしまって白くなってしまう事。塗れているところと塗れていないところができてしまうところ。何度も塗りなおさないといけないところ。塗り忘れがあり、そこだけ焼けてしまう事がある。塗りなおさないといけないので、持ち歩かないといけなくて荷物がかさばるのが嫌です。どのような日焼け止めを選べばよいのかいつも迷ってしまいます。
  • 日焼け止めを塗る際に手がベタベタになったり、塗ったところもベタベタするところです。かといってスプレーとかにすると満遍なく塗れているかわからないし手で伸ばすので結局手がベタベタになってしまいます。また、効き目が目に見えないので塗っていても紫外線をうけていないか心配になり安心して外に出られないところが少し気になるところです。
  • 日焼け止めクリームはお値打ちで手軽ですが、塗るのに手間がかかるのと、塗り残しなども分かりにくく、常に持って歩かないと不安です。また、慌てて塗ったりすると服についてしまうこともあります。あと、ウォータープルーフなどでしっかり対策をした後、シャワーでしっかり洗い落とすのも大変です。真夏の毎日のケアや対策は大事ですが、出来るだけ簡単なケアがあればうれしいです。
  • 日焼け止め独自のにおいが残ることと、汗をかいた時などに白く浮いてきてしまうこと。 また、落としたい時に、お風呂でボディソープで洗うだけでは事足りてない気がする。かといってリムーバーを使うのも面倒なので、 汗などでは落ちないけれども、ボディソープやお湯では簡単にオフができる日焼け止めが一番魅力的だと思う。
  • 日焼け止めを塗ってる際、うっかりして服につけてしまって、服を汚してしまったり、 長時間の外出の際、日焼け止めを持って行くのを忘れてしまうと 塗り直しができなくなってしまうということ汗をたくさんかいてしまうと、日焼け止めが汗で流れてしまい、 汗と混ざった日焼け止めがベタベタして不快に感じる点が、 日焼け止めを使っていて、困ったり不便に思う点です、