紫外線対策のスキンケアはどうしてる?豆知識も気になる!

日差しが強くなってくると紫外線対策のスキンケアが気になってきますが、みんなはどんなスキンケアをしているのでしょうか。対策の豆知識もあるなら知りたいですね。紫外線対策のスキンケアや豆知識について今回はお伝えしていきます!

紫外線が気になるか。どんなことが気になるか

  • 一番気になるのはシミ。あと色が黒くなることと、ホクロ。 日常過ごす上でどの程度の紫外線をあびるのか、夜は紫外線の影響はほぼないのか、蛍光灯等の明かりからの紫外線はどうなのか。
    短時間でのどの程度紫外線が肌に影響あるのか気になる。
  • 紫外線はとても気になります。若いうちは、春くらいの日差しも心地よく、散歩程度では日焼け止めまで塗りたくはないと思いますが、年を重ねるにつれ、頬あたりにシミを見つけてしまったり、しわやたるみの原因になったりもするので、ケアには気を付けたいのですが、なかなか手が回りません。
  • シミになってしまうのがとても心配。また、日焼けした部分の肌がカサついたり、ひどく日焼けしてしまった後は赤く火照って、熱があるような状態になってしまったので、明らかに身体に負担をかけているなと感じました。あとは、目です。サングラスをかけるなどできることはしていますが、将来的に目の病気になってしまうのは防ぎたいです。
  • 常にサングラスをかけて過ごすわけにもいかないので、目から入ってくる紫外線が気になる。 同様に、髪への紫外線も気になる。 例えば、海水浴に出かけた際に、肌への紫外線を気にする人は多いが、髪へのケアが十分ではなくパサつくようになる。
  • 気になる。 頭皮や海へ行った際の背中などは、塗るタイプの日焼け止めでは限界があるため、紫外線が刺激になっているのではと不安になる。 特に頭皮は体の中でも高い位置にあるため、他の部位に比べて紫外線のダメージが高いように思う。

 

この夏、紫外線対策として使っているもの

  • ドラッグストアで売ってる塗るタイプのものと、スプレータイプの両方
  • 普段は基礎化粧品の中のSPF成分に頼ったり、帽子はあまりかぶりたくないので、日傘をさしたりしています。
  • 市販の日焼け止め 、サングラス 、帽子 、日焼けしてしまった後のケアとして市販の美容液パック
  • 塗るタイプの日焼け止め、サングラス。 場合によって日傘や長めのメッシュ素材のグローブ。
  • 基本的には液体の日焼け止め。頭や顔に対しては帽子を使っている。

 

紫外線対策をしている理由について

  • 日焼けしやすく、またシミも出来やすい体質なので。色が黒くなりたくない。
  • ケアを怠ると、年齢を重ねるにつれダメージが顕著に表れるからです。
  • 将来的にやはりシミはできてほしくないのと、目の病気は防ぎたいので。
  • 将来の肌を考えたときに、劣化を少しでも抑えて若々しく見えるように。 顔のシミは嫌でも毎日、鏡越しに見ることになるので、少しでもシミを抑えられればそれに越したことはない。
  • 焼けたくない、白いままでいたいというのが一番だが、年齢を重ねていくとシミの原因になるため、その予防としても対策をしている。

 

使っている日焼け止めのタイプについて

  • ジェルタイプの軽いものが好み。
  • クリームタイプ 、ウォータープルーフ
  • クリームタイプの塗る日焼け止め。
  • 液体のもの。特に液がゆるく伸ばしやすいものを使っている。
  • べたつかない、ウォータープルーフタイプのクリームです。

 

日焼け止めを使用する際に、嫌なこと、困ること(エピソード)

  • 塗るタイプは塗り直しが面倒。ウォータープルーフだと日焼け止め特有の匂いがするし、白浮きしやすいように思う。クレンジングでしっかり落とさないと肌に残ってる気がする。
    スプレータイプはささっとできて便利だが、まんべんなくスプレーできてるのか不安になるのと目を閉じてスプレーしてもまばたきで目に自然と入ってしまい染みることがあるのが困る。
  • まず、ベタつくこと。手のひらがヌルヌルするため、塗った後に携帯やカメラなど持ちにくいし、携帯やカメラもベタベタしてしまうので嫌だ。 独特な匂いも苦手。 塗る手間が大変。時間もかかるし、それでも塗りムラができたりしてしまう。塗り直さなくてはいけないのも大変。 白くなること。顔は特に焼けたくないのでたくさん塗りたいけど、白くなってしまうので多めに塗らない。
  • 液体のものだと、塗りすぎて白くなったり、塗らなさすぎて効果がなかったりと、調整が難しい。また、一人では背中でぬれなかったり、頭皮には使えなかったりする。使いやすさを考えて、部位ごとに日焼け止めを購入するというのも、金銭的に負担であったり、面倒であったりするので、どの方法がいいのか毎年悩む。結局いつも使っている液状の日焼け止めを買い、あとは衣類や帽子などでカバーすることになる。
  • 日焼け止めクリームはお値打ちで手軽ですが、塗るのに手間がかかるのと、塗り残しなども分かりにくく、常に持って歩かないと不安です。また、慌てて塗ったりすると服についてしまうこともあります。あと、ウォータープルーフなどでしっかり対策をした後、シャワーでしっかり洗い落とすのも大変です。真夏の毎日のケアや対策は大事ですが、出来るだけ簡単なケアがあればうれしいです。
  • クリームタイプは塗った後のベタベタ感が非常に気になる。ジェルタイプだとクリームタイプよりも効果が持続しない気がする。 塗った後には塗りムラがないか気になるし、塗りなおすタイミングが掴みづらい。どうしても手の届かない背中や、忘れがちな耳への塗り直し。 きっちりと塗っていたつもりでも、思いがけずに焼けていることもある。

 

塗り直しを気にしなくていい!最先端日焼け対策は「飲む日焼け止めサプリ」です!

詳しくはこちら!

→今、インスタで大人気!飲む日焼け止めサプリ!の人気商品はこちら!